助成金申請のお役立ち情報がいっぱい!

個人事業主でもできる助成金申請~トライアル雇用奨励金~

個人事業主でもできる助成金申請~トライアル雇用奨励金~ 個人事業主でも利用できる助成金申請にトライアル雇用奨励金があります。
トライアル雇用奨励金とはどのようなものかというと、一定の事業主が職業経験の不足から就職が困難な求職者を原則3ヶ月間試行雇用した場合に受けることができる制度です。
この奨励金は、就業経験不足な求職者が雇用されやすい環境になることを目的としています。
この助成金を受けるためには、事前にトライアル雇用求人をハローワークなどに提出してこれらの機関を通じて労働者を雇い入れる必要があります。
この助成金を受給する雇用主の要件は、雇用保険の適用事業主であることです。
さらに対象労働者をハローワークから雇い入れ、原則として3ヶ月以上のトライアル雇用を実施することが条件となっています。
また週所定労働時間を30時間以上として雇用することも条件の一つです。
これらの条件がすべて揃った上で助成金が申請されます。
受給額は一人当たり月4万円で、対象労働者が母子家庭の母、父子家庭の父などの場合は月5万円です。

個人事業主に対する助成金の申請に関しては予めよく確認する必要がある

個人事業主に対する助成金の申請に関しては予めよく確認する必要がある 新型コロナウィルス感染症に伴う緊急経済対策の一環として経産省は返済不要の給付金を支給しますが、個人事業主に対しては100万円が支給されます。
ただこのお金は申請をしなければもらうことができないので、どのような形で申し込めばお金を支給してもらうことができるのかよく確認する必要があります。
それ以外にも雇用調整助成金特例措置を実施していますが、個人でお店を経営していても従業員を雇っているケースがけっこうありその時にとても役に立ちます。
雇用調整助成金の助成率は会社の規模によって変わるので利用する際にはよくチェックする必要がありますが、それにより個人事業主だけではなく従業員も守ることができるので正に一石二鳥の制度であると言えます。
その他にも新型コロナウィルス感染症に伴う国の緊急経済対策には色々なものが用意されているので、どの制度を利用することができるのかよく確認した上で使えるものはどんどん申請することが大切です。