個人事業主でもできる助成金申請

個人事業主でもできる助成金申請

個人事業主でもできる助成金申請 個人事業主として仕事をしていくならば、助成金を上手く活用する事も知っておかなければいけません。
ではどのような助成金が申請できるのかというと、地方再生中小企業創業助成金がそのひとつです。
どういった助成金なのかというと、雇用情勢の改善の動きが弱い地域だと指定されている21道県で、1人以上を雇って地方の再生に貢献をすれば、創業から6ヶ月以内に支払った創業経費の3分の1(上限は300万円または500万円)と雇い入れた人数に応じて1人あたり30万円(上限は100人分)が給付されます。
申請をするためには、雇い入れた労働者が創業・雇入支援対象労働者であることが条件です。
そのために就職を希望する65歳未満の人で、雇用保険の一般被保険者として6ヶ月以上雇用されている、創業から1年以内に雇うことが必要になります。
また事業者については雇用保険の適用事業主であること、中小企業者の要件を満たすこと、事業を開始してから6ヶ月以内に地方再生事業計画書を提出して認定を受ける等々、合計で13の条件のいずれにも該当していることが条件となります。

地域や団体で行われている助成金は個人事業主でも申請可能なものがある

地域や団体で行われている助成金は個人事業主でも申請可能なものがある 助成金は地域や団体で行われているものであり、個人事業主が応募できるものも多いです。
銀行からの融資を受けることが難しい方も、こうした仕組みを活用することで資金調達ができるので、自分が応募できる助成金がないかどうか確かめてみましょう。
仮にあったとしても、申請をしなければいけませんし、審査を経るので書類作成はきちんと助成金をもらえるように内容を考えて作る必要があります。
確実に得たいと考えている場合は、助成金申請代行を活用するのも良いです。
ノウハウがあり書類作成もお手の物なので、スムーズに完了しますし、単に作成するのではなく通るように工夫をして作ってもらえるのが良いところです。
様々な制度があって、それぞれ必要な条件やどういった事業に対して給付するのかといった違いがありますが、こうした業者はそれも調べて提案する能力を持っています。
情報を十分に調べることができない方や、書類作成の仕方がわからないという方は、活用した方が無駄な時間を使わなくてすむので利用を検討しましょう。